世界一貧しい大統領、ムサカ大統領

世界一貧しい大統領として知られているムサカ大統領。日本人が幸せだと感じる人の割合は外国に比べてとても低いことをとても不思議に思ったそうです。日本の大学で講義をした時に学生たちにそのことについて質問しました。「お金もある、物にあふれた生活をしている。何が不足かね?」学生の一人が答えました。「もっと時間とお金が欲しい」その後ムサカ大統領の言った一言がとても印象に残っています。
「なんのためのお金かね?」
お金そのものは善でも悪でもない、問題なのはその使い方だ。そのお金を寄付したり、家族のために使うなら良い。しかし得たお金でまた大量消費するなら、それはどうかな。「なんのために」それが大切なんだよ。
ムサカ大統領は世界一貧しい大統領と呼ばれているが、その心は限りなく豊かで優しさにあふれている。
世の中にはお金には代えがたいものが沢山ある。ムサカ大統領の心の豊かさだってその一つだと思う。日本もODAで後進国に資金援助を行っている。それとは他にその国が今後自力でやっていけるように工場を建てて、物作りの技術やノウハウを教える支援もしている。お金による支援、お金に変えられないものの支援どちらも大切である。
生きること、勉強すること、お金を使うこと。なんのために?を考えるべきことはたくさんある。即日キャッシング大辞典!あなたが今すぐキャッシングするには?

天皇陛下の「家」の問題になぜ自民党の一部の議員は無駄にしつこく介入するのか

毎日のように天皇陛下の退位に関する報道が政府自由民主党ペースで進んでいますが出発点からして法律上の疑問があります。
まず天皇家は100%象徴の存在であって政治権力は一切保持しないことが日本国憲法によって明記されています。
そして天皇陛下は天皇である限りにおいてはごく一部日本国民としての基本的人権を制限されるのはやむを得ないのかもしれません。
しかし天皇であることを辞めるという御決心をされたら、法律上の一般国民と全く同じ基本的人権を取り戻すので、職業選択の自由があると推定されますから
辞めることについては御本人の意思だけが必要であり他人が議論をする問題ではありません。

御本人が「激務で体力が持たないのでもう辞めさせてもらう」と明言したら、もうそれだけで原則的には退位されたと認めるべきです。
なぜなら皇太子殿下も含めて日本国憲法下では日本国民の中で天皇陛下だけが特殊な基本的人権を制限される存在であり
人権を制限される以上、御本人が継続の意思を失った場合は即時に天皇の職務から解放されるのでなければ日本国憲法に違反している可能性が極めて高いです。即日キャッシング注意点

つまり法律論上は、天皇陛下の崩御以外での御退位を規定する法律が一代限りか永代的かというのは枝葉末節の問題であって
十二分に天皇としての国務を継承できるであろ皇太子殿下が健在であるにも関わらずいつまでもその枝葉末節な議論を続ける一部の自民党議員は、どういう意図を持っているのか非常に疑問です。

ムダなお金をお財布に入れないこと

お金に困ったときはお金をお財布の中にたくさん入れないように気をつけましょう。お金に困っているのにお財布の中にたくさんの現金を入れている人を見ると、余計なお世話ですがとても心配になります。

お金に困っているなら困っているようなお財布でいいと思いますが、私のような考え方をする人ばかりではありません。お金がなくても見栄を張りたがる人もいますし、お金に困っていようが、お財布の中に1万円なら1万円、3万円なら3万円決めた金額が入っていないと落ち着かない人もいます。

こういう人には独自のスタイルがあるので他人がとやかく口出しをしても仕方がありません。お節介だと思われるだけで聞く耳を持ってもらえないのです。

持っているだけお金を使ってしまう人もお金が貯まりにくいです。「お金は天下の回りもの」だと信じている人は持っているだけお金を使ってしまいます。それがその人の生き方だったりします。みずほ銀行カードローン 審査

だから他人が口出ししてもどうにもならないです。だけどお金に困っていてそういうつらい状態から一刻も早く抜け出したいのなら、お財布の中に必要なお金以外入れておかないことです。ムダなお金を持って出歩かず、家の中で保管しておけば良いのです。